舌が出てるよ、ジャック♪
里子でやってきたゴールデン・レトリーバーのジャックとジャック母ちゃんの日々の出来事

プロフィール

ジャック母ちゃん

Author:ジャック母ちゃん
里子でやってきたゴールデンレトリバーのジャックと、のんびり性格の高校生男子の母やってます。
埼玉県在住。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ジャック (176)
犬の健康 (15)
犬グッズ (6)
家族の出来事 (31)
ヒトのモノ (4)
ジュピター&ラプター (1)
タイトルの理由 (1)
ごあいさつ (3)
未分類 (4)
ひとりごとなど (6)

月別アーカイブ

長くなったので折りたたんでいます

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

最近ランニング中によく聞いている歌
ラン(RUN)ネタ記事です。
ありがちですが、走っているときに聞く曲は何ってヤツ。




普段それほど歌が好きってわけじゃないけど、
走っている時は大抵ヘッドホン付けて歌を聴きながら走っています。
特にこだわってだれかのファンではありません。
どちらかというとユーミン世代(古い?)なのですが、
ユーミンとかはあまりランニングで聞くにはむいてないので走る時には聞きません。
バラード系が好きなんですけど、やっぱりノリがよくて前向き歌詞の曲が走るのにはむいてます。
英語はわからんちんなので日本人歌手が好き。
J-popが好きです。
AKBも嵐もK-popもノリはいいし嫌いじゃないけど、ちょっと年の差かしら?
嵐は結構好きなんですけどね^^



と、まずは自分の好みを紹介しておきまして。



最近よく聞いている歌手。

・「ザ・ブルーハーツ」

走ってなければ絶対聞かなかった歌。でも聞いてみるとリズムがいいし、元気が出る。
最近になってやたらにはまっている。
ストレートな歌詞なのに、実はとおっても深い。
特にお気に入りは「人にやさしく」。
こんなにガンバレって言ってくれると、おばちゃん頑張っちゃうぞ!(笑)
他にもいい曲あるよ~息子くんがこれから思春期になったら聞かせたいものだ。



・「いきものがかり」

やっぱり元気出る曲が多い。
最近はオリンピック応援の曲とかも作っているしね。
日産の車の宣伝で使われている曲もアクティブなイメージの曲が多いから走るのにピッタリ。
恋の曲も可愛くて好きだわあ。「キミがいる」とか「ちこくしちゃうぞ」とかルンルン乙女の気分♪



・「Superfly」

あの迫力ある声を聞くと元気になる!
行っくぞ~てな感じ。
「Alright!!」頑張る女性への応援歌、前向きオーラ全開でGOGO!ですわ。



・「スキマスイッチ」
正直、バラードが好き。「奏」、名曲です。
走っている時に聞く曲は、「全力少年」や最近では「ユリーカ」。
大橋さんの声が好きなのかも。
不器用でもがきながら生きている若者向けの歌詞に元気もらってます。



・「EXILE」

ふだんはあまり聞かないのに、走っているときは結構聞きます。
「NEVER LOSE」「Rising Sun」、両方ともスポーツの応援曲で作ったのかな?という内容。
ネバーギブアップ、諦めずにすすめば明るい未来があるよ、という内容が、
走るのが苦しくて止まりたくなるような時、これが効くんです。



最近はYUIの「fight」とかはドストレートに応援されちゃいます。
ようするに「ガンバレ」という内容の歌詞がランニングで頑張っている時に聞きたい曲、ということかな。
あとはノリ、です。
ファンモン、山崎正義、コブクロとか絢香とか平井堅も好きなんです。
広く浅くなワタクシです。



聞きたくなるようないい曲、探し中^^
スポンサーサイト
宮沢湖 紅葉ラン
ジャック、動物病院に行ってきました。
もうすっかり良くなりました!
抗生物質のお薬も終わって、いつもの癲癇のお薬だけに戻りました。


いつものようにルンルンな散歩も終えて、ジャックにはおうちでお留守番していてもらい、
今日は仕事もないので久々にロングランニングの練習に。

飯能市の宮沢湖が紅葉がきれいだと聞いたので、宮沢湖まで行ってみました。


宮沢湖 紅葉

周囲が全部真っ赤というわけではありませんが、綺麗なところがところどころにあります。


宮沢湖 紅葉


宮沢湖 紅葉


宮沢湖 堤防から

宮沢湖は人口の湖です。
へらぶな釣りやワカサギ釣りのメッカです。


堤防から下を望む

堤防の下側の風景。牧歌的な秋の景色です。



宮沢湖、無料で入れる公園です。
湖の周りはウオーキングやお散歩などできます。
ドッグラン(無料)もあるんですよ。
夏は蚊が多いし、冬は木陰すぎて寒いからあまり好きじゃないドッグランですが、
今時期は一番気持ちいいかも。
今度はジャックと来てみようと思いました。


今日のランニングは約20キロ。
のんびり走ったので2時間半もかかりました(*´д`*)





番外編その2~津波被災地を見る~
秋田から北海道へ渡る前、東北に寄り道をしました。

仙台の先で東北道を降りて、秋田とは反対に太平洋側へ東へ車を走らせました。


津波被災地を見に行ったのです。


行く前は、物見遊山のようでなんとなく罪悪感がありました。
他の方はボランティアで行く人が多いだろうに、私たちはそうではありません。
ただの通りすがりです。

でも、実際に目にすることに何か意義があるのではないか。
そう思い行きました。


私たちが訪れたのは、被災地のほんの一部、宮城県南三陸町から気仙沼にかけての海沿いです。


南三陸町にて
南三陸町の防災庁舎。

私たちだけではなく、多くの他県民の車が訪れていました。



土台だけ残る町
土台だけが残る、家の後


上の階まで津波は来ました
立派な建物なのに、上の階の窓まで破られています


車のガレキが山積みされています
車のガレキ


茶色く枯れた杉のところまで波が来た証拠です
山肌の一部が茶色になっています。
ここまで海の水が来た証拠です。
想像したよりもずっとずっと内陸に、高台にまで入っていました


鳥居も倒されたまま
神社の鳥居も倒されたまま




テレビで見ても、このように写真で見ても、伝わりきれないものがあることがわかりました。
正直、涙が止まりませんでした。
悲しみで圧倒され、そしてそのような景色が続くことにやがて呆然としてきました。

最初のガレキ類は大分片付けられ、道も整備されつつあり、これでも当初とは全く違っているのでしょう。
それでも何もないこと、そこに普通の暮らしがあったはずなのにそれがないこと、
その人たちはどこに行ったのか・・・・
津波の恐ろしさ。
テレビ画面を通してでは伝わらない何かを、この眼で見ることで感じることができたと思います。


小学六年生の我が子もこのことを忘れないど欲しい。
そして日本人だれもが忘れて欲しくない、と思いました



南三陸町の復興商店街でささやかなお買い物をしてきました。
我が家のほんのささやかな奉仕です。
そしてこの風景を忘れず、この地の復興に陰ながら応援していきたいと思いました。
お笑い芸人フルポン村上にマイナス一票、ランナー村上に一票
JUGEMテーマ:東京マラソン2012



東京マラソン2012からもう一週間が立ちました。
今日はびわ湖毎日マラソンがあり、東京マラソンなど過去のお話のようです。


さて、東京マラソンに出た芸能人の話で、個人的に気になる話題をひとりごと。
(マラソン・芸人に興味無い方、スルーしてね)


今回の大会、日本テレビのお昼の番組「ヒルナンデス」から5名の参加者がありました。
あまり見ることのない番組なので良くはわからなかったのですが、
東京マラソン参加中、テレビクルーが周りにいるランナーと通りすがったりしたりして、
終わった後に気になってネットなどで調べて初めてそういう方たちがいたのを知りました。

その番組からの出演者同士で競っていたようなのですが、
結果として一位がお笑い芸人 フルーツポンチの村上くんでした。



ゴールする村上くん


私、抜いたり抜かれたり?だったのか、2度ほどすれ違って最終的に追い抜いています^^;
ゴールタイムが私と30秒差なかったので、ほぼ同タイムのゴールでした。
といってもこれも帰ってから初めてわかったこと。
ゴール直前になんだか後ろが少しざわめいたような気がしましたが、私は1秒でも早くゴールしたい
気持ちで後ろを振り向くことなくゴールしちゃいましたしね。
大体人が多すぎて、「はい、止まらないで進んで進んで~」という係員に押されるように前に歩いてましたし。
全く気が付きませんでした。


2度も前後したということでもしかしたら私がどこかに映っていたかも?とついネットやテレビで情報収集に走った私。
そんなことをしていたら、興味のなかった村上くんについていつのまにかちょっとだけ詳しくなっていました。


彼は「膝神」といわれ、いつも膝が曲がって変な走りをして非常に運動音痴ということで有名だったそうです。
それなのに、番組内とはいえ参加メンバーの中で1位だったので、みなびっくり、ということでした。


振り返り番組を一部見ることができたので目を皿にしても、画面に私は発見できず^^;
まあそんなもんですねえ。

その番組で、村上君の東京マラソンでの様子が映っていました。
応援に駆けつけた、番組の仲間たちが声をかけたり、相方さんが手作りの差し入れを出したりしているのに、
村上くん愛想なく、差し入れも一口食べてすぐに去ってしまったり・・・・


芸人としては面白くない、と番組内でボロクソダメ出しされていましたた。
(゚д゚)(。_。)うんうん、たしかに。
それに引き換え、すぐ後ろにせまっていた女子アナウンサーのミウラさんは、
応援に応えて笑顔でおしゃべりし、差し入れを口に入れ、笑顔で去っていく姿にプロ根性を感じました。
さらに後からゴールしたオードリー春日くんにいたっては、あの空気抵抗が大きすぎる看板を背負った格好、沿道の応援に応える姿勢、負けたとはいってもやっぱりお笑い芸人としてのプロだなあと感じました。



と、フルポン村上くんを非難しましたが、それはお笑い芸人として。
ランナーとしては、すっごく彼の行動が共感できちゃうなと思いました。

実際、今回私も走ってみて、後半本当に足が痛くて痛くて・・・・
ゴールすることしか考えられなくて、余裕というものが全くありませんでした。
沿道の応援に応えるのも、沿道の人とハイタッチするのも、余裕がないとできません。
例えば応援する友達がいたら、ちょっと立ち止まって応援に応えてあげたいところでも、
足が痛くて止まったためにもう動けなくなりそうになってしまい、なるべく止まりたくないと思ってしまう。
とっても美味しそうな、体が欲しがっている差し入れが沿道に差し出されているのに、
そこに立ち寄る余力がない。

多分、村上くんもそうだったんじゃないかな~


ただ、一分一秒でも早くゴールにたどり着きたい。
その一心が彼を無愛想な一ランナーにしたんじゃないかな、そう擁護してあげたくなりました。


・・・でも、やっぱり芸人としてテレビから出たんだよね。
ミウラちゃんや春日にタイムで勝って、仕事で負けたね、フルポン村上くん(^。^;)


とんでもなく運動音痴でも、健康で頑張ること(練習とか)ができれば
フルマラソンは誰でもゴールできるよ、ということを一般市民に知らしめてくれたことが
フルポン村上くんの一番の功績かな。 

頑張れ!村上君!(けなしているんだか応援しているんだか、なんだか良くわからない内容ダワ(汗)





にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

焼きホタテの醤油バターごはんの作り方
JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物
 
昨日の記事で、活きホタテを使っての醤油バターごはんの作り方を
簡単に説明します。

もともとは、もう20年近く昔に主人と二人で
北海道釣りの旅をしていたとき、
知床のパーキングで車中泊をしていたところ、
同じパーキングに泊まっていた
北海道のダイビングのグループの方たちに教わったものです。
その方たちに、「余ったから」と活きホタテを箱でいただき、
その美味しい料理法を伝授していただきました。
そのとおりにやってみたらものすごく美味しいので感動し、
以来活きホタテが手に入ると必ずする料理です。
簡単ですよ。


準備するもの

活きたホタテ(なるべく大きいものがおすすめ)
ごはん(温かいものがベスト)
バター適宜
醤油適宜
焼き網
できればやけどしないように軍手など

作り方

1. 活きたホタテを、膨らんだ側を下にして焼き網の上に乗せ、火にかける。これはガスレンジでも炭火でもできます。
(ホタテは貝殻が平らな側と膨らんだ側があるんです)

2. しばらくすると閉じていたホタテがパカッと殻を開くので、上側の殻にくっついた貝柱をナイフか包丁で完全に切り離し、上の殻は取ります。このとき、殻を斜めにしてホタテから沁みでたエキスをこぼさないように。うまみの元なのでもったいないです!

それから貝柱の周りの内蔵や貝ヒモなどが苦手な方はここで取ってしまいましょう。緑色の内蔵はちょっと苦いし、貝ヒモは火が通ると固くて苦手な方もいらっしゃいます。新鮮なホタテの内蔵は食べられるし、貝ヒモは良い味がでるので私はそのまま食べるときもありますが、これは人それぞれ好みがありますからね。

殻は熱いので軍手などを使い、やけどしないように気を付けて!

3. ホタテの周りにごはんを殻から落ちない程度に軽く盛り、
その上にバターをひとかけら、最後に醤油をさっとかけます。
そしてさきほど外した殻をその上に乗せます(ホイルなどでもOK)。

4. 醤油のいい匂いがして、ホタテから沁みでたエキスをごはんが吸い込んだらもう出来上がり。


超簡単でしょ
活きホタテが安く手に入ったり、バーベキューの時などにぜひお試しあれ!


追記*焼く前に平らな殻と貝柱を予め切り離しておくと後が楽です。ただし閉じたホタテの隙間から刃を入れるようですので、難しいと思ったら火であぶって殻が開いてくるのを待ちましょう。

炭火焼中
(まだゴハンが乗っていませんこれからゴハン乗せるところの
写真でごめんなさい






ボクはお魚がいいなって思っているジャックに応援のポチを☆

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

copyright 2005-2007 舌が出てるよ、ジャック♪ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.