舌が出てるよ、ジャック♪
里子でやってきたゴールデン・レトリーバーのジャックとジャック母ちゃんの日々の出来事

プロフィール

ジャック母ちゃん

Author:ジャック母ちゃん
里子でやってきたゴールデンレトリバーのジャックと、のんびり性格の高校生男子の母やってます。
埼玉県在住。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ジャック (174)
犬の健康 (15)
犬グッズ (6)
家族の出来事 (31)
ヒトのモノ (4)
ジュピター&ラプター (1)
タイトルの理由 (1)
ごあいさつ (3)
未分類 (4)
ひとりごとなど (6)

月別アーカイブ

長くなったので折りたたんでいます

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
東京マラソン、完走したど~
 

2月26日日曜日、東京マラソン、走ってきました!
そして完走しました!(´▽`)

タイムは・・・タイムは・・・まあ市民ランナーですからね~と言い訳しつつ、
5時間8分でした!
自己記録更新でした!

わーいわーい(*'▽'*)♪
なんて一人で盛り上がっているかも・・・
先頭の選手たちは2時間ちょいで行っているので、私がゴールしたころは着替えてさっぱりして
ご飯など食べているのかもしれません。
それぐらい差があると同じ競技か?と思われるかもしれませんねえ。



さてもともかく、東京マラソン参戦記であります。


Kブロック

まずはスタート前風景。
私のいるのはKブロック。
Aから始まって、11番目のラストのブロックでございます(-_-;)
パーンなんてスタートの合図は聞こえないくらい遠い・・・
スタートが遠い・・・・

待っている間、結構寒くてみんなブルブルです。
私も足先が冷えてたまりませんでした。


何しろものすごい人の数。
スタート前の準備も大変でした。
トイレも長蛇の列、並んでいる間にスタート直前になってしまい、ウオーミングアップどころではありませんでした。
1時間半前に現地についたのに、もっと早くくればよかった~と思ってしまいました。
が、あまり早く用意しすぎると(荷物あずけてしまうと)、薄着なので寒いんだよね~
計算が難しいところです。



ゴールまで43キロ?!

やっと人の波が動き始め、止まったりのろのろと歩いたり走ったり、まずは「スタートライン」へ向かいます。
途中、「ゴールまで43キロ!」という応援を掲げている人がいて笑いました。
たしかに42キロ以上あるもんね、私たち。



やっとスタートラインが

やっとスタートラインまでたどり着きました。
スタートラインを通り過ぎたとき、スタートの号砲から20分たっていました。
まだ私の後ろにも人はいたんですから、最後尾は25分くらいたっていたのではないでしょうか。
ってことは、7時間制限とはいっても号砲からですから、私にとってゴールまでの制限時間は
6時間40分ということ・・・遅い人ほど後ろから走るのになあって思うのは私だけ?



石原都知事

お見送りの石原都知事。
東京マラソン第一回目の時もこうして見送っていましたっけ。
頑張ってくるぞ~



新宿付近

新宿のガードが先に見える辺りです。
ランナーだらけです。
ずうっとこれが続きます。



日比谷公園の市政会館

10キロを過ぎました。
日比谷公園の市政会館。なんていっても普通はわかりませんよね。
「日比谷公会堂」と呼ばれる建物です。
昔昔、東京が市であった頃に建てられたので、市政会館という名前を持っているのです。
なんでそんなこと知っているかというと、やはり昔、
私がこの建物の中、市政会館と呼ばれる方で働いていたことがあったからです。
若かりし頃のお話(^^ゞ

懐かしいなあって思いながら通り過ぎました。



田町付近にて

田町付近にて。
知人が応援にかけつけてくださったので、持っていた私のスマホで写真撮ってもらいました。
まだまだ余裕の顔してますねえ。
これから先が大変ですのに(/ω\)



浅草・雷門前

浅草、雷門前。
銀座に続き、すごい応援・観客でした。
このころもうヘロヘロしてきてたのですが、パチリ。



スカイツリー

雷門前を右に曲がると正面に今度はスカイツリーが。
またパチリ。


ハーフをすぎるとどんどん腰から下全体が痛くなってきて、
スピード落ちてきてしまいました。
でも歩くと走れなくなるので(ホント、そうなのよ)
ゆっくりペースでもなるべく走る走る!
給水給食以外は歩きませんでした。
「この一歩がゴールへ続くのだ」、こう自分に言い聞かせて走り続けました。


途中、テレビクルーらしき人が周りにいるランナーを何人か追い抜いたりしました。
後でテレビを見たら、「ヒルナンデス」という日テレの昼の番組から東京マラソンに出ていた
女の子でした。
それからみんなが見ている人がいたので、誰?と思ったら、
お笑い芸人 フルーツポンチの村上くんでした。
痛そうな顔で走って(歩いて?)いましたが、沿道に寄っていくなあと思ったら、
多分南原さん?とか「あ、この人見たことある~」という人たちが彼の応援に駆けつけているところの
横を通り過ぎたのですが、自分も天パっていたので誰だったか今思い出せず。
多分、中継していたんでしょうけどね。
自分、映っていたかも・・・


そのあと、30~35キロぐらいのところでまた村上くんがフラフラと端っこに向かって歩いているところを
追い抜きました。
リタイアしちゃったのかな?と思いながら通り過ぎましたが、
後で聞いたらちゃんとゴールしたんですね。
しかも、ヒルナンデスの番組からの参加者の中でトップとのこと。
・・・ということは、オードリー春日とかよりも早かったのね、とちょっとだけ嬉しい私(^^ゞ
(レベル低すぎ?)




ゴール後


これはゴール後に振り返って写した写真。
みんな(私も)ばてています。



ゲートブリッジが見えました

ゴールした会場からふと左手を見ると、ゲードブリッジが。



完走メダルとタオルをゲット!

ゴール後、会場内でばったりボランティアしている知人に会って、写真を撮ってもらいました。
完走メダルと完走記念バスタオルを手にピース(*^^)v
でも本当は体バキバキ状態です。



メダル・メダル・メダル


完走メダルで~す。
真ん中が今回の2012東京マラソンの完走メダル。
左が、第一回目に出場したときのメダル。
比べるとちょっと地味ですかね。

右端は、今回息子くんが私のために作って(デコしてくれた)メダル。
これが一番嬉しいメダルかなアハ(#^.^#)


今日はもう筋肉痛もとれてきて、復活~な私です。
2日間まともに散歩しなかったので、ジャックとゆっくり散歩してきました。
ジャック、さすがにストレスたまっていたのか、はじけてました(*´∀`*)
故障もなく、無事完走できたことに感謝!
そして応援してくださった皆様に感謝感謝であります。

みなさま、ありがとうございました!
(お留守番のジャックもね^^)



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
青梅マラソン・東京マラソン マラソンづくし?


ジャック母は、何を隠そう?「走る人」です。
でも思い切りゆる~い、走る日数も距離も速さものんびりなランナーです。

その私が久しぶりに大会に参加してきました。


2月19日は青梅マラソン。
関東最大級の、歴史ある市民マラソン大会です。

ジャック家、青梅にはとても近いのですが、今回が初参加、です。
カテゴリーとしては10キロの部と30キロの部があるのですが、
30キロの部は青梅の上り下りの激しいルートを考えると恐ろしいので、
10キロを選びました。



青梅マラソンスタート地点

青梅市役所の近くがスタート地点です。



10キロに挑戦します

この日は寒かったので、スタート前に上着を着ています。
笑っていますが、本当は緊張しています^^


久しぶりの大会でしたが、10キロの結果は57分台でした。
トップの選手たちはその半分のタイム、一般のランナーでも多くの人は50分切るタイムで
走るので、私は半分よりずっと後ろのタイムではあるのですが、
それでも4年ぶりかな、記録更新したので嬉しかったです。



30キロのゴール地点

これは30キロの人たちのゴール風景。
ゲートの向こうにも頭・頭・頭とすごい参加者でした。
10キロの部とあわせて2万人以上が走ったそうです。
ランニングブームですねえ。


今年のスターターは

今年のスペシャルスターターは、金メダリストのレスリング 吉田沙保里選手が来ていました。
女が見てもかっこい~方でした。





さて、今週末は今度は東京マラソンを走ります。
今度はフル(42.195キロ)走らなければなりません。
でもランナーあこがれの大会に運良く当選したんですもの、頑張らねば!
こちらの大会参加者は3万人を超えています。
受付も大掛かりで、3日間かけて受付を、お台場の東京ビックサイトで行います。
私は夫と金曜日に行ってきました。


ゆりかもめに乗っておのぼりさん

新橋から「ゆりかもめ」に乗りました。
夫は一番前の席に座って写真撮りまくり。
・・・・まるでおのぼりさんのよう(^^ゞ



東京マラソン受付

受付会場です。
この半円のゲートの中は参加選手しか入れません。
ちょっとだけ優越感?



賑やかです

あまり良い写真ではありませんが、受付会場の周りはランニング関連のブースがたくさん出ていて
お祭りのようでした。
試供品とかパンフとかもらいまくって荷物重っ(´Д`)
それから結構買い物もしちゃいましたよ・・・・
ここは参加者以外でも誰でも入れます~



今年の参加賞シャツとゼッケン

黄色いTシャツが今年の参加賞。
それからいただいてきたゼッケン。
最初の「K」は、スタートの時に待機する場所のこと。
つまり、Aから始まってK(が最後なんですけど)までずら~っと長く並ぶわけですね。
スタートの号砲が鳴ってから20分から30分ぐらいたってからスタートラインを超えることになるんだろうなあ・・・ちょっと憂鬱。
ま、自己申告のゴール予想タイム順に並ぶそうなので、遅い人ほど後ろなわけです。
1回目にありがたくも参加している私の自己ベストタイムは(ネットで)5時間40分ほどですから
しょうがないのかあ。

ま、完走めざして頑張るしかないっしょ!!!




かわゆい☆寝姿

こーんな可愛いジャックが待っていてくれるからね^^
てんかんの発作もなく落ち着いてるから、安心して行ってこれるよ。
母ちゃん、頑張るからね^^



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 
てんかんの発作が再発

JUGEMテーマ:犬の健康管理


寝ているジャック 


夜9時過ぎ。
ジャックはもうこんなふうに寝ています。
私と息子くん、ジャックがいる台所(ダイニング)でテレビを見ていたとき、
息子くんがジャックの異変に気がつきました。


全身が痙攣して目は見開き、体は震えながら硬直しています。
・・・てんかんの症状だと思いました。

ジャック、三年前の、前の飼い主さんの時に大きなてんかんの発作を起こしていました。
一日に2度、かなりの大発作のようでした。
大きな病院に行った記録が我が家に来ています。
抗てんかん薬などを飲み続け、幸いそれから発作が起きることはなく、
我が家に昨春きてからも発作はなく、夏には薬をやめても大丈夫かもしれない、と
薬を止めました。


それからもう半年。たまたま一度起こっただけで、もう二度とおきないのではと楽観していた私。
でも、突然発作が来ました。
思い当たる原因はありません。
特にその日変わったことは何一つなく、興奮したりすることも特にありませんでした。
寝ていたジャックに突然起きた発作でした。


がくがくと震え続けるジャックに何もしてあげられなくて、ただ少しだけ触れるようにして
撫でてあげていた私。
長いようでおそらく1分から2分くらいの時間で痙攣は止まりました。
ジャックはしばらくぼーっとしていましたが、少しびっくりしたような顔で立ち上がり、
部屋の中をウロウロウロウロ歩き始めました。
かなり落ち着きません。

夜のトイレにまだ連れていってなかったので、
もしかしたら用を足したいかも、と大分しっかりしてきたので誘って外に出しました。
ジャックは普通に歩けるものの、いつもと違って地面の匂いをかがず、
通る人や車を凝視します。
まったく用足したいようではないので、また家に戻りました。
しばらく寄り添ってあげていましたが、もういつもの寝る時間だったためか、
おとなしく寝入ってしまいました。



翌日午前。朝からジャックは食欲もあり、いつもと変わらず元気だったのですが、
念のため医者に連れていくことに。
多少大回りして散歩をしてから医者に行きました。


先生に診てもらい、血液検査もしてもらって、特段の異常は見受けられないとのこと。
ただ、てんかん発作が再発したということで、やはり薬を再開したほうがよいでしょうと、
また薬を飲み始めました。お薬は「臭酸カリウム」。
もっと肝臓に負担をかけてしまう強力な薬もあるようですが、
今のところジャックにはその必要はなさそうです。





血液検査の注射しました

診療が終わり待合室で待つジャック。
少し凹んでいるようです。



猫、どこだ?!

待っている間、この病院のペットホテルに泊まっているらしい猫ちゃんが
診察室の方向(背後)から聞こえてきました。
ジャック、完全に外だと思い込んで外ガン見中。
・・・・おーい、大丈夫か~ジャック?
ていうか、元気になった?




「てんかん発作で死ぬことはない」とよく聞きますが、
1日に何度も発作が起きたり、それが頻繁に起こると脳にダメージを与えることが
あるようです。
これからは気を付けていこうね、ジャック。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
のんびりお散歩に切り替える


JUGEMテーマ:しつけ
JUGEMテーマ:ゴールデンレトリバー
JUGEMテーマ:わんことお散歩



前回の記事のとおり、いろいろ悩んでいる母。
でも少しずつ前進しているつもりです。


とりあえずは、ジャックの散歩と私のジョギング(ランニング)と分けることにしました。
ジャックの散歩はのんびりと、クンクン匂い嗅ぎも思い切りさせての寄り道散歩に切り替えました。

私のあこがれの犬の散歩の姿は、愛犬と息のあったジョギングをするニューヨーカー。
(別にニューヨークじゃなくてもよいけど。)
日本で代表的なのは、まぁちゃさんかもしれません^^


でもね~、ジャックはうちに来るまで、普通のお散歩しかしていないのだと思います。
ランに付き合わせているとき、止まると時々でる、後ろ足で体をボリボリ・・・
「体痒いのかな~」なんて考えてたのですが、
昨年の串飲み込み事件のときに、病院で「気になることありますか?」と獣医師に聞かれて、
「時々痒そうに体をボリボリ散歩中に掻きます」と言ったら、
「それはストレスかもしれませんね~」と指摘されました。
その時の感想はそうかなあ?だったのですが、最近はそうなのかも~と思うようになりました。
それに、すこ~しどうしても引き気味になるジャックに、リードを持つ私自身がピリピリして
ストレスを感じていました。



そこで、ここで思い切って上記の方向転換。
散歩とジョギングは別にしてまずはジャックの好奇心を満たす散歩をしながら、
良くジャックを観察してコミュニケーションしながら歩くことにしました。




近くの大きな川の河川敷に遊びに行きました。
夏はリードを外したら呼び戻しが効かなくて苦労した河原の広いところです。

河川敷にて

ジャックの期待には申し訳ないけど、今日はまだ自由行動はだめよ。
その代わり、君にクンクン臭い嗅ぎ自由をあげるから。




 

今日はのんびりの練習

ここのところ、近所の散歩ものんびり散歩で、リードを引っ張りすぎないように
気を付けているので、ジャックもほとんどリードを引っ張りません。
ただし、引っ張らない程度に前には出て歩いています。
引っ張りすぎたなと思うとリードを軽く引いて私が止まるので、ジャックも「引っ張りすぎた?」
と戻ってきます。
ここ河川敷では、思い切り走りたいそぶりでしたが、
まだ呼び戻しが完全でなく、他にもワンコの散歩があちこちに見られたので、
リードオフにはしませんでした。
最初はつまらなそうだったジャックも、クンクン匂いを嗅いだり、枝を拾ったり、
跳ねずにゆっくり散歩していました。



大好きなボールキャッチも

ボール投げできそうな場所があったので、少しだけジャックの大好きなボールキャッチ。
ジャック、とっても嬉しそうです。


もうそろそろやめようね

長く歩いてきた後のボールキャッチ、
疲れたのかそれともお口の中が泥だらけになってしまったからか?
結構早めにハアハアしだしました。
それでも投げて欲しそうなジャック。
あまり興奮値をあげすぎてもよくないらしいので、いつもより短めでおしまいにしました。



ジャックを家に連れ帰ってから、今度は自分のランニング。
一人だと自分のペースで走れるので快適です。
少なくともしばらくは、二度手間のジョグと散歩になってしまいますが、
別にしたほうがお互いの精神衛生上良いのかもしれません。



あと東京マラソンまで2週間を切りました。
本当に42キロ走りきれるかまだ不安。
私もランがんばらなくちゃあ。




にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
「しつけ」について、ブログを読んでまた悩む
JUGEMテーマ:しつけ


ジャック母はここのところ、悩んでいる。
多分、多くの犬の飼い主さんが一度は悩むことであろう「しつけ」のこと。

(以下、挿入写真は昨夏の写真で、単なる犬イメージと思ってください(苦笑))


仲良し
仲良しな二人
なのにこのあと何かを見つけて走っていってしまい、呼び戻しきかなかったなあ



犬のしつけ、といえば、最近は専門家のトレーナーさんのお世話になってしつけの訓練をする人が
多いのだと思う(多分)。
我が家は、先住犬を含めて、トレーナーにお世話になったことがない。
自家流(自己流)でしつけてきた。
ひどい噛みとか吠えとかは今までにはない。
かといって、ピシっと全てにおいてしたがってくれる、というほどでもない。
例えば、散歩のときに少し引っ張り気味になってしまうとか(ガンガンではない)、
呼び戻しが完璧にはいかない、大好きだと思うと人に飛びついてしまう・・・とか・・・
言うことを効かないときはあった。


それでも熱心にトレーニングしようとしなかったのは、
先住犬たちは、基本、夫の犬であったので、私が主体でしつけるということはあまり考えてなかったから。
夫は迫力もあり、力も運動性も犬たちに負けることはなく、精神も肉体も強いタイプの男性だからか、
犬たちはよく夫のいうことをきいた。
だから特に専門家に教わってトレーニングする、という概念がわかなかった。
ただ私が散歩に連れていったり、餌を与えたり世話は私がすることが多かったので、
言うことをきかないことで私が困ることがままあり、やり方が下手だと夫に指摘されても
なかなかピシっとできなくて、ワンコたちに甘く見られてるなあ~と感じてはいた。


ジャックが来て、またしつけについて考えるようになった。
というか、初めて真剣に悩んでいる。
なにせ、ジャックの飼い主は「私」だからだ。
私が飼おうと言い出したせいもあるし、なぜかジャックは私を選んだ。
誰が見てもジャックは「私の犬」だ。


ジャックはわたしになついている。
かなり家族にもなついてきたけれど、一番は私。
でも、だからといって、私の言うことに全て従っているわけではない。
散歩のときは、ちょっとだけ引っ張り気味。
人より前に出てはダメ、私はそう思ってリードを操作しているけど、
リードが緩むととたんにその分前に出る。
軽くチョークして停止したり方向転換したりするとそのときは「あっ」って感じで止まったり戻ったりするけれど、しばらくするとまた同じ繰り返し。
広い場所でリードを放してしまったりすると、脱兎のごとく走り出し、
呼び戻しが効かない(これが一番問題)。
食い意地が張っていて、待てが甘い(どうしてもほしいと飛びついて食べてしまったりするから「団子串飲み込み事件」みたいなものが起きる)。


まあ、ジャックといるのがつらいとかはなく、ふだんからそれほど困っているわけでもない。
ただジャックに関しては私の責任だ!と思うと、私がどこか甘くてやり方が下手で、
ジャックがいい犬になりきれてないのではないか、思い悩んでしまう小心者なのである。


フリーは楽し
ボク、ボールもってこい大好き~なんども投げて~



そうグズグズ考えながら、自分では自信がないし、夫も納得できるような
いいトレーナーさんがいないかな、と一人密かにネットを徘徊していたら、
このブログに目が止まった。

ドッグウォーカー博士のスローライフ」


ランキングサイト「ブログ村」の「犬 しつけ 訓練」で1位の人気ブログです。
私は一位とは知らずに、他のキーワードでたどり着いたんですけど。


ブログ主さんは動物行動カウンセラーで、学者さんで、保護犬・猫活動をなさっていて、
トレーナーかつトレーナーの養成もやっている女性です。

動物福祉や権利に関しても詳しく、最新の動物行動学に基づいた犬との向き合い方を
指南しています。
しつけ、というより犬と共存しようという意見でしょうか。

私は今まで、犬をアルファにしてはいけない(アルファシンドローム)、人がリーダーになれ、
そうでなければかえって犬が不幸なのだ、そう思ってきました。
また、犬は強いものに従う、だから犬に負けてははいけない、
犬の意見を取り入れるようなことをしていたら犬の配下になってしまうからいけない、
散歩中に横にしっかりついて匂いを嗅いだりおしっこしたりさせてはいけない、
それがしつけだと思っていました。
訓練所の犬のように、人のいうとおりピタっと止まったり動いたり
号令をかけられた兵隊のように犬が動くことが人と犬の息があっていて
それが鉄壁の信頼関係のあらわれなのだと思っていました。


ところがこのブログ主さま、リーダーになる必要論も犬がアルファになりたがる論も真っ向否定。
犬の意見も聞き入れ、犬が恐怖を感じるようなことは一切せず、犬がしたいと思うことをさせながら
(無制限にではありませんが)、犬と快適に暮らしていける方法を書いています。
今までのしつけ論とかなり真逆かもしれません。
犬(動物)の尊厳を大事にした共存方法だと思います。


・・・が、正直、きっとこの人のいうように犬と向き合えれば犬は最高に幸せだろうなと
思う反面、ここまではできないなあと思うのも半分。
例えばボール遊びもあまりやりすぎるとストレスがかえってたまってしまうので
興奮させない程度がよい、と言うのですが、
それでは我が家のジャックの楽しみを半減させてしまう気がしてしまいます。
アジリティーやディスクドッグなどの競技にも否定的。
それからのんびり匂い嗅ぎおしっこあり散歩を犬が満足するまでしたほうがよさそうなのですが、
そうなると私の趣味のジョギングお付き合い散歩ではジャックにとってかわいそうな散歩
となるのだと思います。
ただ、両立できないと時間をつくるのが難しくなりそう、とか。(人のわがままなんでしょうね)

それからもうこれは人間力の問題でしょうが、鋭い観察力をもち、犬にたいして適切な判断と対応ができないとこの方のおっしゃるとおりにできなさそうだな・・・と思ってしまいます。


個人的にこの方に見てもらうのはちょっと無理かもしれませんが、
今ブログを読んでいて、少しでも実行できそうなことは実行してみようと思っています。
犬のカーミングシグナル(犬の発している感情・要求を表す動きのこと)を理解し、
犬自身が成功を重ねていく「正の強化」のしつけ、頑張ってやってみようと思います。


犬との暮らしの大先輩である欧米で現在中心となっているしつけ論は参考になります。
これを読むと日本は遅れているのかな~と感じてしまいます。
そうなると、ちょっとそこらのトレーニングスクールにお願いするのが躊躇されてしまうのでした。
少なくとも私には目からウロコ、そして悩みの増すブログでした。


笑顔
ニコニコ笑顔が犬の幸福度を表しているよね



ランキングに参加しています。励みになります。
一日一ポチお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
ドッグラン大好き!なジャック

JUGEMテーマ:わんこ
 

1月の後半は普段あまり仕事してない母も忙しく、仕事に追われてました。
ちょっとブログをサボリぎみ・・・
これからまた仕切り直しで再開です。


それではちょっと前の写真になりますが・・・


雪の残る所沢航空記念公園のドッグランです。
この日はまだ結構雪が残っていて、ドッグランは閑散としていました。

ピレネー ライネくんと

ピレネーのライネくん。
雪のように真っ白です。
ピレネーはどっしりしていてはしゃがないイメージがあったのですが、
まだ若いライネくん、ジャックを遊びに誘っていました。
ジャックはボール遊びがしたいので、連れない様子です。


このあと、ドッグランに遊びにきていた他のワンコとワンプロして、
ライネくん、恐ろしいくらい真っ黒になっていました・・・




雪が解けました

数日後、雪が溶けたかな~とまた航空公園へ。
日当たりが良いドッグランなので、雪が溶けて乾いていました。
暖かい日だったので、たくさんのお友達が来場。



黒ラブくん

ラブラドールになぜか気に入られやすいジャック。
このときも、この黒ラブくんにやたらなつかれていました。
ジャックはワンコとご挨拶はするけれど、犬同士ではあまり遊ばないタイプ。
ひととおりの挨拶が終われば、普通は母とボールキャッチに集中したいジャック。
ワンコに誘われてもなかなか相手してあげません。



反撃!

それでもしつこいと、「教育的指導!」とばかりにカプ!
でも牽制する程度で、本当に犬づきあいが上手なジャックです。



親分子分

ひどくは噛まないからほら、余計に気に入られて追いかけられてます。
・・・でもジャックもまんざらではなさそう?



ドッグラン大好き!

お友達遊びに熱心でなくても、ジャックはワンコのお友達がいっぱいいるドッグランが
大好きだね!
ちょっと遠いけどまた連れてってあげようってこの笑顔を見ると思います。





満足寝

そして、ドッグランで遊んで帰ればほら・・・
こんな満足気な寝顔です。
また舌出てますけど?


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

copyright 2005-2007 舌が出てるよ、ジャック♪ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。