舌が出てるよ、ジャック♪
里子でやってきたゴールデン・レトリーバーのジャックとジャック母ちゃんの日々の出来事

プロフィール

ジャック母ちゃん

Author:ジャック母ちゃん
里子でやってきたゴールデンレトリバーのジャックと、のんびり性格の高校生男子の母やってます。
埼玉県在住。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ジャック (175)
犬の健康 (15)
犬グッズ (6)
家族の出来事 (31)
ヒトのモノ (4)
ジュピター&ラプター (1)
タイトルの理由 (1)
ごあいさつ (3)
未分類 (4)
ひとりごとなど (6)

月別アーカイブ

長くなったので折りたたんでいます

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

「しつけ」について、ブログを読んでまた悩む
JUGEMテーマ:しつけ


ジャック母はここのところ、悩んでいる。
多分、多くの犬の飼い主さんが一度は悩むことであろう「しつけ」のこと。

(以下、挿入写真は昨夏の写真で、単なる犬イメージと思ってください(苦笑))


仲良し
仲良しな二人
なのにこのあと何かを見つけて走っていってしまい、呼び戻しきかなかったなあ



犬のしつけ、といえば、最近は専門家のトレーナーさんのお世話になってしつけの訓練をする人が
多いのだと思う(多分)。
我が家は、先住犬を含めて、トレーナーにお世話になったことがない。
自家流(自己流)でしつけてきた。
ひどい噛みとか吠えとかは今までにはない。
かといって、ピシっと全てにおいてしたがってくれる、というほどでもない。
例えば、散歩のときに少し引っ張り気味になってしまうとか(ガンガンではない)、
呼び戻しが完璧にはいかない、大好きだと思うと人に飛びついてしまう・・・とか・・・
言うことを効かないときはあった。


それでも熱心にトレーニングしようとしなかったのは、
先住犬たちは、基本、夫の犬であったので、私が主体でしつけるということはあまり考えてなかったから。
夫は迫力もあり、力も運動性も犬たちに負けることはなく、精神も肉体も強いタイプの男性だからか、
犬たちはよく夫のいうことをきいた。
だから特に専門家に教わってトレーニングする、という概念がわかなかった。
ただ私が散歩に連れていったり、餌を与えたり世話は私がすることが多かったので、
言うことをきかないことで私が困ることがままあり、やり方が下手だと夫に指摘されても
なかなかピシっとできなくて、ワンコたちに甘く見られてるなあ~と感じてはいた。


ジャックが来て、またしつけについて考えるようになった。
というか、初めて真剣に悩んでいる。
なにせ、ジャックの飼い主は「私」だからだ。
私が飼おうと言い出したせいもあるし、なぜかジャックは私を選んだ。
誰が見てもジャックは「私の犬」だ。


ジャックはわたしになついている。
かなり家族にもなついてきたけれど、一番は私。
でも、だからといって、私の言うことに全て従っているわけではない。
散歩のときは、ちょっとだけ引っ張り気味。
人より前に出てはダメ、私はそう思ってリードを操作しているけど、
リードが緩むととたんにその分前に出る。
軽くチョークして停止したり方向転換したりするとそのときは「あっ」って感じで止まったり戻ったりするけれど、しばらくするとまた同じ繰り返し。
広い場所でリードを放してしまったりすると、脱兎のごとく走り出し、
呼び戻しが効かない(これが一番問題)。
食い意地が張っていて、待てが甘い(どうしてもほしいと飛びついて食べてしまったりするから「団子串飲み込み事件」みたいなものが起きる)。


まあ、ジャックといるのがつらいとかはなく、ふだんからそれほど困っているわけでもない。
ただジャックに関しては私の責任だ!と思うと、私がどこか甘くてやり方が下手で、
ジャックがいい犬になりきれてないのではないか、思い悩んでしまう小心者なのである。


フリーは楽し
ボク、ボールもってこい大好き~なんども投げて~



そうグズグズ考えながら、自分では自信がないし、夫も納得できるような
いいトレーナーさんがいないかな、と一人密かにネットを徘徊していたら、
このブログに目が止まった。

ドッグウォーカー博士のスローライフ」


ランキングサイト「ブログ村」の「犬 しつけ 訓練」で1位の人気ブログです。
私は一位とは知らずに、他のキーワードでたどり着いたんですけど。


ブログ主さんは動物行動カウンセラーで、学者さんで、保護犬・猫活動をなさっていて、
トレーナーかつトレーナーの養成もやっている女性です。

動物福祉や権利に関しても詳しく、最新の動物行動学に基づいた犬との向き合い方を
指南しています。
しつけ、というより犬と共存しようという意見でしょうか。

私は今まで、犬をアルファにしてはいけない(アルファシンドローム)、人がリーダーになれ、
そうでなければかえって犬が不幸なのだ、そう思ってきました。
また、犬は強いものに従う、だから犬に負けてははいけない、
犬の意見を取り入れるようなことをしていたら犬の配下になってしまうからいけない、
散歩中に横にしっかりついて匂いを嗅いだりおしっこしたりさせてはいけない、
それがしつけだと思っていました。
訓練所の犬のように、人のいうとおりピタっと止まったり動いたり
号令をかけられた兵隊のように犬が動くことが人と犬の息があっていて
それが鉄壁の信頼関係のあらわれなのだと思っていました。


ところがこのブログ主さま、リーダーになる必要論も犬がアルファになりたがる論も真っ向否定。
犬の意見も聞き入れ、犬が恐怖を感じるようなことは一切せず、犬がしたいと思うことをさせながら
(無制限にではありませんが)、犬と快適に暮らしていける方法を書いています。
今までのしつけ論とかなり真逆かもしれません。
犬(動物)の尊厳を大事にした共存方法だと思います。


・・・が、正直、きっとこの人のいうように犬と向き合えれば犬は最高に幸せだろうなと
思う反面、ここまではできないなあと思うのも半分。
例えばボール遊びもあまりやりすぎるとストレスがかえってたまってしまうので
興奮させない程度がよい、と言うのですが、
それでは我が家のジャックの楽しみを半減させてしまう気がしてしまいます。
アジリティーやディスクドッグなどの競技にも否定的。
それからのんびり匂い嗅ぎおしっこあり散歩を犬が満足するまでしたほうがよさそうなのですが、
そうなると私の趣味のジョギングお付き合い散歩ではジャックにとってかわいそうな散歩
となるのだと思います。
ただ、両立できないと時間をつくるのが難しくなりそう、とか。(人のわがままなんでしょうね)

それからもうこれは人間力の問題でしょうが、鋭い観察力をもち、犬にたいして適切な判断と対応ができないとこの方のおっしゃるとおりにできなさそうだな・・・と思ってしまいます。


個人的にこの方に見てもらうのはちょっと無理かもしれませんが、
今ブログを読んでいて、少しでも実行できそうなことは実行してみようと思っています。
犬のカーミングシグナル(犬の発している感情・要求を表す動きのこと)を理解し、
犬自身が成功を重ねていく「正の強化」のしつけ、頑張ってやってみようと思います。


犬との暮らしの大先輩である欧米で現在中心となっているしつけ論は参考になります。
これを読むと日本は遅れているのかな~と感じてしまいます。
そうなると、ちょっとそこらのトレーニングスクールにお願いするのが躊躇されてしまうのでした。
少なくとも私には目からウロコ、そして悩みの増すブログでした。


笑顔
ニコニコ笑顔が犬の幸福度を表しているよね



ランキングに参加しています。励みになります。
一日一ポチお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ゆきジャズハーティママ
確かに犬のしつけに関しては欧米に比べてまだ遅れていると感じる事はあります
我が家は先代は訓練で3か月預け、その訓練が生涯抜ける事はありませんでした
ゆきちを迎えて自分で躾をやりたくてドッグスクールに通っています
ドッグスクールは犬の躾、犬が学ぶ所と思いますが実はその方法を飼い主が学ぶ飼い主のための学び舎だと思っています。そして何より大事なのは家族全員がその方法を統一性を持って接することなのだと思います
ですから私は主人と一緒にドッグスクールに通っています
ジャックちゃんがママの犬・・・確かにそうかもしれないけれど家族の1員である以上、みんなが共有すべきと思いますがいかがでしょうか??
イアンダンバー博士、シーザーミラン(さすらいのドッグトレーナー)などは気に入っていますが…
さしでがましいことを言ってすみません☆
2012/02/07(火) 14:26:23 | URL | [ 編集]
まぁちゃ
ジャック君との川辺のツーショット☆
とってもステキですね!! きゃ~~♪です! 
いいないいな~~♪ 羨ましい一枚ですヽ(^▽^)/

犬のしつけ、奥が深いですよね。
我が家は先代のくま子の時に、週一で自宅に来ていただいてました。

家族みんなで、統一した接し方をしたかったので
毎回家族3人揃ってレッスンを受けてたんです。
人間の方も一緒にお勉強ですね^^v

トレーナーさんと同じようにしてるつもりなのに、何が違うんだろう?
ナンデだろう? どうしてだ? とかとか
とにかく一生懸命取り組みました。
んんん.....( ̄ ̄;)と思ったりもしながらも、
結果、とっても楽しかったです☆

そして今ならもっと、ぃやぃや、ウッスラとでも、
その頃の私の接し方の間違いがわかるような気がしています。

で、しつけが進む中。
「訓練競技会に参戦しませんか?」と言われたんです。
  *くま子、チョット?期待されてたみたいですw
でもね、つまりそれは *完璧に出来なきゃダメ* ってことになるんです。
となると、接し方も厳しくしないとダメになるワケで。。。。。

お座りでも伏せでも、
指示が出るまで微動だにしない☆とか
目線は、飼い主から絶対にハズサナイ☆とか。
呼ばれてこっちに来たときも、
ヒトに対して斜めになっちゃダメ☆とか。
とにかくビシッとした感じ☆

先生と一緒に動くくま子は別人(犬)☆w 
笑っちゃうほどw完璧な姿は、「チミだぁれ?」でしたっけ(笑)

家族となると、やはり甘えがあるんですって。
なので、参加となると私たちにもそれなりの気持ちがないとダメ、ってことに。

でもね。
我が家の考え方は、完璧じゃなくてもいいんじゃなぁい^^
だったので
つまり、ユルイんです(笑)
「お座り」って言ったのに、ふと振り返ると
「伏せ」してるしぃ~でもOK♪、みたいな^^;

その場で待って居られたらいいんじゃないの?って感じです。

私たちの目標は、カッコイイ名犬ではなく
ゆる~い家庭犬。
なので、丁寧にお断りしちゃいました( ̄┰ ̄;)ゞ
  *ぁっ、と言ってそれでどうこうなるって方ではナイです^^v

結局中途半端になったと言えば、全くその通りなんですけどね^^;
それは我が家の考え方ってことで(笑)

  *競技会を目指すことを云々では絶対にありません^^/ 
   念のため記。

そして今。
ヴィー太は、トレーナーさんには付かず
自分(達)でしつけました。
NOでもYESでも、タイミングが大事だなって思っています。

やってることは、すごくシンプルです。
ダメなことはダメ。
イイコのときは、イイコイイコ(笑)←意味不明ですね^^;w
パピコの頃から仕草や表情、様子を見ぃ見ぃ、
頑張りました、つもりです(笑)

それでも未だに、ダメなことはいっぱいあります┐(´ー`;)┌
なので、今も頑張ってます^^/

ジャック君♪、わんこ付き合いも上手だし優しい
イイコだと思います☆
それでも、思うことはいっぱいあるんですよねぇ~( ̄ ̄;)
同じだなぁ、と思いながら読んでました。

ジャック母さんもジャック君も頑張ってるんだ☆、と思い
私たちも頑張りますね^^/

何だか、ちっともまとまってない文章になりました^^;
書き散らかしたみたいでゴメンナサイ~

2012/02/07(火) 18:45:35 | URL | [ 編集]
グラ
記事にしてくださってどうもありがとうございます!
アクセス数が増えたのでアクセス解析を見たら、こちらから沢山飛んできてくださってました。
アルファシンドロームとか犬が支配的になるなどの考えについては今の行動学では否定されていますので、わたしのオリジナルではなくたんなる紹介です。
ボール遊びは、少しやって休むという感じだと、犬を興奮させずに満足させてあげられますね。
ボニちゃんもボールは好きですよ。
ジョギングはわたしも1ヶ月300キロ以上走ってますが犬は留守番です。
興奮させるとストレスがかかり、犬がちょっとしたことですぐに興奮したり吠えたりするようになるという点で、飼い主にとっても好ましくないです。
「広い場所でリードを放してしまったりすると、脱兎のごとく走り出し、呼び戻しが効かない」というのが、強制的訓練の一番の弊害ですね。
犬の意思を尊重して散歩をしていると、オフリードでも喜んで戻ってくるようになりますよ。
ラブMIXのボニちゃんがジャックくんと似たタイプなようなので、ボニちゃんの散歩を一度見学なさいませんか?
エステの無料体験と違って、トレーニングの勧誘をしたり何かを売りつけたりしませんから(笑)。
2012/02/07(火) 21:41:18 | URL | [ 編集]
ジャック母

☆ゆきジャズハーティママさま☆

さしでがましいなどとは全然(^^;
真摯な意見、ありがたいです。
自分でもしょうもない性格だなあと思うのですが、つい「私が悪いからと」と考えてしまいます。
実際、私は要領悪くて自分でもダメダメだなあと思うことしょっちゅう。夫とは正反対です。子育てでもかなりそういう面あります。
家族内で統一するためにも一緒に教わるべき、私もほんとうはそうだ思います。うーん、そんなんだけどなあ。

なかなかうまく説明できなくてごめんなさい。でもコメント、お友達に言われたみたいで嬉しかったです。


2012/02/07(火) 22:45:37 | URL | [ 編集]
ジャック母

☆まぁちゃさま☆

ヴィー太くんも専門のトレーナーさんにみていただいたのかと思ってました。ヴィー太くんもまぁちゃさんと信頼関係しっかり築けているのがつたわってきます。
私も競技会を否定はしませんが、そこまではのぞんでいません。ただジャックがもっともっと笑顔でいてほしい(ヴィー太くんみたいにね)、そのために「ダメ」を減らしていきたいたいです。

くまこちゃん、すごかったんですね。YES、NOのタイミングが大事、これが私にはなかなか難しくて…メリハリがずれちゃうんです。子育てと似てるなあとつくづく思います。
まぁちゃさんもありがとうね(^^)
2012/02/07(火) 23:06:03 | URL | [ 編集]
ジャック母

☆グラさま☆

ひええ~まさか「ブログ主」さまからコメントいただくとは(((・・;)
ここのところ鬼のように?見に行ってましたから、バレバレてしたか~
間違って理解しているところがあればご指摘くださいね。

ジョギング、グラさんどうやって時間作るんだろうか、そう思ってました。
私はスピードが遅いのもあるけど月間100キロ走りません。それで時間がないと言っているのは自分が時間の作り方が下手なせいとはわかっているんですが…

ジャックは事情があって昨年春に我が家にやって来たゴールデンです。小さい頃、前の飼い主さんに引き取られ、二度飼い主が変わってます。だから基本不安なところがあるらしく、私べったりです。グラさんのところへは、最初「飼い主 依存」というキーワードでたどりつきました。

グラさんの実際のやり方を見てみたいともら思いますが…
そちらのブログかメールにてお話いたします。
2012/02/08(水) 01:05:00 | URL | [ 編集]
とも
うわ~~~~(o≧▽≦)o
すごく興味のある記事です~~~(o≧▽≦)o

これによると、、、
こーる君はどんな感じなんでしょうか(o≧▽≦)o

ドッグランは今の所こーる君にはストレスだからなぁ…

よし☆私もこちらのブログに遊びに行ってきます☆

うちからみると
ジャック君はパーフェクト☆なのですが~(ノ´∀`*)
脱兎のごとく…はジャック君の嬉しそうな後姿が想像できて笑っちゃいました( ̄m ̄〃)
2012/02/08(水) 14:52:30 | URL | [ 編集]
ジャック母

☆ともさま☆

ジャックはパーフェクトだと私も思いますよ(^^)
多分、私の悩みは私側の問題だと思います。私や家族といてジャックがもっと笑顔でいてほしい、そのためにはどうしたらいいか悩んでいます。
ジャックは本当にいい子です(^^)d

コールくんみたいに恐がりで他の犬とうまくいかない話は
グラさん(ブログ主さん)のブログに何度もでてきます。
直接コメントなりメールなりしたら
多分親切に答えてくださることと思います。
プロの方なのでちゃんとした指導となると有料になるようですが、
他の方もコメントで簡単な質問されてますので、
ともさんと気軽に質問なさってみては?
2012/02/09(木) 13:50:47 | URL | [ 編集]
ゆきジャズハーティママ
かのさすらいのドッグトレーナーシーザーミラン氏が「散歩は文字通り、散って歩く」なんだそうです
散歩中は自由、ただむやみな引っ張りは警告しますけど(笑)
2012/02/09(木) 14:33:36 | URL | [ 編集]
ジャック母

☆ゆきジャズハーティママさま☆

そうかあ、そうなんだあ。
私は散歩のと気も引っ張られてはいけない、人より前に出てはいけない、そう思ってました。
散って歩く、が散歩。
でも人と犬がリードを通して気持ちが繋がっていればいいのかな。

毎日勉強です。
2012/02/09(木) 21:41:37 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 舌が出てるよ、ジャック♪ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.