舌が出てるよ、ジャック♪
里子でやってきたゴールデン・レトリーバーのジャックとジャック母ちゃんの日々の出来事

プロフィール

ジャック母ちゃん

Author:ジャック母ちゃん
里子でやってきたゴールデンレトリバーのジャックと、のんびり性格の高校生男子の母やってます。
埼玉県在住。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ジャック (177)
犬の健康 (15)
犬グッズ (6)
家族の出来事 (31)
ヒトのモノ (4)
ジュピター&ラプター (1)
タイトルの理由 (1)
ごあいさつ (3)
未分類 (4)
ひとりごとなど (6)

月別アーカイブ

長くなったので折りたたんでいます

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
番外編その2~津波被災地を見る~
秋田から北海道へ渡る前、東北に寄り道をしました。

仙台の先で東北道を降りて、秋田とは反対に太平洋側へ東へ車を走らせました。


津波被災地を見に行ったのです。


行く前は、物見遊山のようでなんとなく罪悪感がありました。
他の方はボランティアで行く人が多いだろうに、私たちはそうではありません。
ただの通りすがりです。

でも、実際に目にすることに何か意義があるのではないか。
そう思い行きました。


私たちが訪れたのは、被災地のほんの一部、宮城県南三陸町から気仙沼にかけての海沿いです。


南三陸町にて
南三陸町の防災庁舎。

私たちだけではなく、多くの他県民の車が訪れていました。



土台だけ残る町
土台だけが残る、家の後


上の階まで津波は来ました
立派な建物なのに、上の階の窓まで破られています


車のガレキが山積みされています
車のガレキ


茶色く枯れた杉のところまで波が来た証拠です
山肌の一部が茶色になっています。
ここまで海の水が来た証拠です。
想像したよりもずっとずっと内陸に、高台にまで入っていました


鳥居も倒されたまま
神社の鳥居も倒されたまま




テレビで見ても、このように写真で見ても、伝わりきれないものがあることがわかりました。
正直、涙が止まりませんでした。
悲しみで圧倒され、そしてそのような景色が続くことにやがて呆然としてきました。

最初のガレキ類は大分片付けられ、道も整備されつつあり、これでも当初とは全く違っているのでしょう。
それでも何もないこと、そこに普通の暮らしがあったはずなのにそれがないこと、
その人たちはどこに行ったのか・・・・
津波の恐ろしさ。
テレビ画面を通してでは伝わらない何かを、この眼で見ることで感じることができたと思います。


小学六年生の我が子もこのことを忘れないど欲しい。
そして日本人だれもが忘れて欲しくない、と思いました



南三陸町の復興商店街でささやかなお買い物をしてきました。
我が家のほんのささやかな奉仕です。
そしてこの風景を忘れず、この地の復興に陰ながら応援していきたいと思いました。
スポンサーサイト
ゆきジャズハーティママ
北海道旅行記、楽しく読ませていただきました。そして被災地の現状を目の当たりにして、私たちは決して忘れてはならないと思いました。未曾有の大災害であるはずなのに、少しずつ風化しているように感じることがあります。決して忘れず、どんな小さなことであっても支援をしていきたいですよね。
2012/09/25(火) 14:36:11 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


copyright 2005-2007 舌が出てるよ、ジャック♪ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。